パーティードレスをレンタルする方は増えています。しかし、渋谷・原宿辺りで実店舗があるショップを探しても、色々とあって選べないという方も多いでしょう。ショップを選ぶ際のポイントと渋谷・原宿で試着可能なおすすめショップ4選を紹介します。

ショップ選びのポイント

まずはじめに、実店舗でドレスをレンタルするに当たり、ショップ選びのポイントを紹介します。

税込・税抜

「表示金額は税込か、税抜か」は、トップページや商品ページには表記されていないことがあり、決済の確認画面で初めて消費税は○○円と記載していることもあるため、注意する必要があります。

例えば、表示価格が4,800円であった場合、これが税込であれば支払う金額も4,800円だけですが、税抜であった場合は支払う金額が5,280円となります。

貸出日数

「貸出日数は何日でどのようにカウントするか」も大事なポイントです。

2泊3日や6泊7日など、様々なプランを提供している場合、貸出日数毎に料金は変わるので、どの日程が適切かを考える必要があります。

また、同じ貸出日数であっても、どこからどこまでがその中に含まれるのかといったことも注意すべきポイントです。

特に配送の場合は、ショップが発送したタイミングで貸出日数のカウントが開始されるのか、ドレスを受領したタイミングでカウントが開始されるのか、といった点はショップによってまちまちで、返却の場合も同様です。

延長料金

「延長料金はいくらか」は、レンタルする際は延長するつもりがないことが多いと思うので抜けがちですが、支払金額が大幅に増える可能性があるため、気をつける必要があります。

1日につき定額でいくらか、もしくはレンタル料金の何%かといったことが多いです。

延長料金の金額によっては、同じドレスを再度レンタルする方が安くなるケースもあるため、返却をし忘れてしまい、延長料金が高くなってしまう場合は、ショップに交渉することをおすすめします。

配送の可否・送料

配送でのレンタルもしくは返却を考えている場合、「配送は可能か、料金はいくらか」も全体の支払い金額に影響してきます。

レンタルするときは、実店舗で試着をしてレンタルすることが多いと思いますが、忙しい方や家が遠い場合は、配送での返却を検討する方もいるでしょう。

実店舗でレンタルする場合の返却送料は、実費になり、宅急便コンパクトなどに入る場合は700円前後、入らない場合は1,000円前後かかることが多いです。

また、本来元払いで配送する必要があるのにもかかわらず、着払いで返送してしまった場合は、ショップに受け取りを拒否され、送り主に荷物が戻り、その上、元払いで更に配送料を支払う必要が生じてしまうため、ご注意ください。

クリーニング代

レンタルドレスでは、クリーニングをしてから返却をするように求められることは基本的になく、「クリーニング代はいくらか」は理解する必要があります。

52ショップを調べたところ、7ショップが、通常のレンタル料金に追加でクリーニング代を請求しており、1,000円〜2,000円のケースが多いです。

クリーニング代がかかる場合でも、支払画面までの分かるところに表示されていないこともあるため、最初に把握しておくことをおすすめします。

また、クリーニング代は表示価格に含まれているとしても、通常の使用では考えられないような汚れや傷ができた場合は、別途請求されることが一般的なので、「特別に汚れや傷ができた場合は追加請求があるか」も事前にチェックするといいでしょう。

保証金・身分証

「保証金の支払いや身分証の提出が必要か」も気にされる方は多いでしょう。

レンタルではショップの資産を一時的に預かることになるので、保証金や身分証のコピーを求められることがあります。

保証金は本当に返してもらえるのか、身分証のコピーは悪用される恐れがないのか、気にされる方もいらっしゃるかと思いますので、その際は、企業が運営しているサービスなのか、プライバシーポリシーがWebサイトに載っているかをチェックするとよろしいかと思います。

まとめ

以上のチェックポイントをまとめると以下のようになります。

  • 表示金額は税込か税抜か
  • 貸出日数は何日でどのようにカウントするか
  • 延長料金はいくらか
  • 配送は可能か、料金はいくらか
  • クリーニング代はいくらか
  • 特別に汚れや傷ができた場合は追加請求があるか
  • 保証金の支払いや身分証の提出が必要か
  • 企業が運営しているサービスなのか
  • プライバシーポリシーがWebサイトに載っているか

Empty Dressy(★★★★★)

Empty Dressy(エンプティドレッシー)は、渋谷にある無人のレンタルドレスショップで、実店舗はあるものの、店員がいないということが1番の特徴です。

他のレンタルドレスショップでは月に100万円以上かかっている人件費が0のため、クリーニング代や消費税も込みで、3,480円(小物は1,200円)という日本で最も安い価格を実現しています。

レンタル料金は安いものの、ドレスはSnidelやAimer、GRACE CONTINENTALなどのブランドものが中心です。

店員がいないため、好きなだけ試着をしたり、気兼ねなくキャンセルができたりするのもメリットですね。

24時間365日営業のため、仕事や大学に忙しい人や、地方から都内の結婚式・パーティーに参列する人にもおすすめです。

  • 評価:5/5
  • 標準的なドレス料金:3,480円
  • レンタル期間:6泊7日
  • クリーニング代:0円
  • 詳細ページ:LINK

my closet(★★★)

my closet(マイクローゼット)は、渋谷に実店舗を構え、オンラインでもレンタルが可能なレンタルドレスショップです。

以前は渋谷の駅前にありましたが、今は神泉の方に移転しているのでご注意ください。

ミドルプライスブランドを中心に扱っていましたが、新商品の多くがオリジナルブランドのものになっています。

オーナーや店員さんの年齢層も高く、ドレスも落ち着いたものが多いため、30〜50代におすすめです。

  • 評価:3/5
  • 標準的なドレス料金:10,000円
  • レンタル期間:2泊3日
  • クリーニング代:1,000円
  • 詳細ページ:LINK

PARTY PARTY JOYFUL ERI(★★)

PARTY PARTY JOYFUL ERI(パーティーパーティージョイフルエリ)は、振袖で有名な株式会社ジョイフルまるやまが運営しているレンタルドレスショップです。

Webサイトは綺麗で見やすいのですが、オンラインストアは別サイトになっており、かなり古いサイトになってしまっています。

会社としては振袖がメインなだけあって、料金も高めかつ対象とする年齢層も高めです。

ご両親と一緒にまとめて借りることを検討されている方におすすめです。

  • 評価:3/5
  • 標準的なドレス料金:10,000円
  • レンタル期間:2泊3日
  • クリーニング代:1,000円
  • 詳細ページ:LINK

airCloset×ABLE(★)

airCloset×ABLE(エアークローゼットエイブル)は、月額制ファッションレンタルで有名なairClosetと賃貸会社のエイブルが共同で運営しており、原宿に店舗があります。

以前は本サイトでもレンタルできるようなカジュアル目な洋服が中心でしたが、今では一部パーティードレスのレンタルも始めたようです。

ただ、あくまでカジュアルがメインなので、パーティードレスは数も少ないことに加え、パーティードレスのレンタル料金が、カジュアル衣料の2倍以上となってしまっています。

2Fには広いプライベートラウンジがあり、化粧直し等には最適です。

  • 評価:1/5
  • 標準的なドレス料金:0円
  • レンタル期間:6泊7日
  • クリーニング代:0円
  • 詳細ページ:LINK