最近よく聞く「パーソナルカラー」。コスメ好きさんや美容好きさんがよく言っているので、皆さんも耳にしたことがあるかもしれません。実はコレ、ドレスを選ぶ時にも使えるんです。今回は、そんなパーソナルカラーの診断方法と、似合うカラーをご紹介いたしま

そもそもパーソナルカラーって?

瞳の色、血管の色などから判別する、自分が生まれながらに持っている、自分に似合う色味のことを言います。

基本的には、「春(スプリング)、夏(サマー)、秋(オータム)、冬(ウィンター)」の4タイプに分かれます。

よく耳にする「イエべ」「ブルべ」とは、「イエべ」はイエローベース、「ブルべ」はブルーベースの略で、それぞれ黄み、青みを含む色をグループ分けしたものとなります。

イエべには春と秋、ブルべには夏と冬が属しており、よく「イエべ春」や「ブルべ冬」などと呼ばれています。

このパーソナルカラーを元にカラーをセレクトすることで、今までに苦手だと思っていたりあまり好きじゃなかった色でも、もしかして実は似合う色だった!なんてこともあるかもしれません。

それでは早速、パーソナルカラーのチェック方法をご紹介します!

まずは自分のパーソナルカラーを知る

自分のパーソナルカラーが何なのか、どうやってチェックするのか?

パーソナルカラーのチェック方法は、自分の髪の毛の色や瞳の色などなど、様々なチェック方法があります。

早速下記質問に答えていって、「A」か「B」どちらが多いかチェックしてみてください。

↓↓↓

手首の内側の血管の色味は?

緑っぽい・・・A
青っぽい・・・B

日焼けした時どっちになる?

日焼けしやすく、黒くなりやすい・・・A
赤くなって元に戻る・・・B

洋服の色がどっちがよく似合う?

暖色系・・・A
寒色系・・・B

自分に似合うアクセサリーの色は?

ゴールド系・・・A
シルバー系・・・B

髪の毛の色(地毛の色)はどれに近い?

ダークブラウン・・・A
黒・・・B

瞳の色は何色?

茶色味がある・・・A
真っ黒・・・B

肌の色はどちらが近い?

黄色味が強い・・・A
ピンク味が強い・・・B

以上です。

今回は、かなり簡単な診断になっています。

もう少ししっかり知りたい方は、もっと細かくわかるサイトや、写真で判定してくれるアプリなどもあるので、ぜひやってみてください。

それでは結果発表!

Aが多かった方・・・「イエベ」
Bが多かった方・・・「ブルベ」

の可能性が高いです!

またここから、最初にお伝えした通り、春夏秋冬でも分けられます。

イエベ、ブルべそれぞれで、明るい色が似合う方は春・夏、暗いトーンの色が似合う方は秋・冬と分けられます。

パーソナルカラー別、似合う色

それでは、パーソナルカラー別に、似合う色をご紹介します。

イエべ春

若々しく明るく華やかなイメージのイエべ春は、暖色系のカラー。
黄色みのある、明るく鮮やかな色味が似合います。

ブルべ夏

エレガントで優しい雰囲気のブルべ夏は、寒色系のカラー。
青みのある明るく柔らかい雰囲気の色味が似合います。

イエべ秋

落ち着いた雰囲気を持つイエベ秋は、暖色系のカラー。
黄色みのある、暗くくすんだ色味(ダスティ系)、深みのある色が似合います。

ブルべ冬

色の強さに負けないクールな雰囲気を持つブルべ冬は、寒色系のカラー。
青みのある暗めの済んだ色が似合います。

どんな色かわかりにくい!と言う方は、こちらの表を参考に、自分に似合うお好みのカラーを選んでみてください。

(出典:パーソナルカラーとは? - Color navi

パーソナルカラーの注意点

今回お伝えした「パーソナルカラー」ですが、実は注意点も。

1.パーソナルカラーは、変わる可能性がある。

例えば日焼けした時や、ケアをしっかり頑張った時など、人の肌の色は一生のうちに様々な要因で変化します。

そのため、それに合わせてパーソナルカラーも変化する可能性があるので注意が必要です。

身につけたカラーがしっくりこないな?と感じた時は、パーソナルカラー診断をもう一度やってみることをお勧めします。

2.複数のカラータイプが当てはまる人もいます

実は、パーソナルカラーは1つだけ出なく、複数のタイプが当てはまる人もいるのです。

そういう場合は、色選びが少し難しくなってしまうかもしれないのですが、逆に言えば両方の色味が似合うとも言えます。

2つのタイプのカラーの中から、似た色味や似た明るさなどを意識してセレクトしてみると、自分のカラーに馴染みやすいと思いますので、チェックしてみてくださいね。

3.自分がずっと好きだった色が似合う色と違うことも

自分が好きでよく選びがちだった色が、診断後の自分に似合うカラーの中にない・・なんてこともよく聞きます。

そんな時も、似合わせるようなコツがあるのでご安心ください!

例えば、似合うカラーの中から、自分の好きな色と相性の良い色を選んで組み合わせたり、メイクでポイントカラー使いしてみたりと、少し差し込むだけでもしっかり馴染みます。

自分らしく、似合うカラー、好きなカラーを取り入れてみてくださいね。

まとめ

このようにパーソナルカラーとは、好きなカラーとは別かもしれないけど、自分に似合うカラーを身につけることで、自分の魅力を引き出し、自分をよりよく見せることができるのです。

ドレス選びの際は、ぜひ参考にしてみてくださいね!